読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hugsにエディタを設定する

hugs上で":e "するとを開いて編集できるので、とても便利です(二回目以降は":e"だけで以前のファイルを開くようです)。
hugsは":s -Evi"とすると、viをエディタに設定できますが、この設定は一時的なものです。
hugsは環境変数EDITORに設定されているエディタを使うので、"export EDITOR=vi"を.bashrcに設定しておけば設定し直す必要はありません。


$echo $EDITOR
vi
$ hugs
__ __ __ __ ____ ___ _________________________________________

__ Hugs 98: Based on the Haskell 98 standard
___ __ __ __ Copyright (c) 1994-2005
--- ___ World Wide Web: http://haskell.org/hugs
Bugs: http://hackage.haskell.org/trac/hugs
Version: September 2006 _________________________________________

Haskell 98 mode: Restart with command line option -98 to enable extensions

Type :? for help
Hugs> :e new.hs
ーーviが起動します。viを終了するとhugsに戻ります
Hugs> :load new.hs
Main> double 2
4